Reuters logo
UPDATE 1-トヨタとマツダが資本提携、EV加速と米国で工場新設=関係筋
2017年8月4日 / 05:11 / 3ヶ月前

UPDATE 1-トヨタとマツダが資本提携、EV加速と米国で工場新設=関係筋

(内容を追加しました)

[東京/ワシントン/デトロイト 4日 ロイター] - トヨタ自動車とマツダは資本提携する方針。両社はすでに提携関係にあるが、株式を数%ずつ持ち合い、世界的に普及の機運が高まっている電気自動車(EV)の共同開発などを加速させる。主力の米国市場での新工場の共同建設も検討している。

両社は同日、「本日開催の取締役会に協業・提携を付議した」と発表した。複数の関係筋によると、両社は4日午後に発表を行う。

  EVについては、トヨタは2020年までに、マツダは19年に量産車を投入する方針を表明済みで、資本提携により共同開発を急ぐ。両社は15年5月に環境や安全技術の分野を軸に包括提携すると発表、これまで具体的な提携内容を詰めてきた。両社は当時、資本提携については否定していた。世界各国で電動化への動きが強まる中、相互出資による関係強化が必要との判断に至ったとみられる。

世界各国では規制によって電動化の流れが加速しそうだ。中国政府は18年にも、一定量の電動化車両の生産や販売を義務づける環境規制を導入する予定。インドでもエネルギー相が、30年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁じEVに限定するなど同様の方向性を打ち出している。英仏政府も40年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below