Reuters logo
株安は中国市場など反映、年金運用は収益超維持=安倍首相
2016年1月8日 / 06:47 / 2年前

株安は中国市場など反映、年金運用は収益超維持=安倍首相

[東京 8日 ロイター] - 安倍晋三首相は8日午後の衆議院予算委員会で、年初来の株安に関して、中国市場や中東情勢、北朝鮮の核実験を反映した短期的な結果だと指摘。短期的なものをみて、日本経済の実体に当てはめるのは間違いだとの認識を示した。年金運用についても、今回の株下落をもってしても安倍政権下で収益超を維持しているとした。

 1月8日、安倍晋三首相は午後の衆議院予算委員会で、年初来の株安に関して、中国市場や中東情勢、北朝鮮の核実験を反映した短期的な結果だと指摘した。写真は都内で昨年5月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

山井和則委員(民維ク)の質問に答えた。

年初来の株価下落により、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の年金運用で約4兆円の運用損が出る可能性があるとの山井氏の指摘に対し、安倍首相は「短期的な変動に対し答弁することは意味がない。年金積立金は国内外の債権と株式の組み合わせて運用しており、日経平均株価がそのまま収益に反映されるものではない。しかも、年金運用はある程度の長期的な視点をもってみるべきであり、このマイナスをもってしても安倍政権下では33兆円の累積収益となっている」と反論した。

また、年金運用において、GPIFがギリシャ国債など低格付け債でも運用されているとの指摘について、塩崎恭久厚生労働相は「昨年11月時点で、GPIFはギリシャ国債での運用していないとしている」と答弁した。

2017年4月からの消費税10%への税率引き上げ時の軽減税率1兆円の財源について、山井氏が社会保障から削減するのではないかと質問したのに対し、安倍首相は「社会保障から1兆円を削減するかどうかは何も決めていないし、実際にそうはならない。われわれは1兆円は削らない」と反論した。ただ財源については答弁を避けた。

石田仁志 中川泉

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below