Reuters logo
旅客機の通信システム、WiFi使って乗っ取り可能=専門家
2014年8月5日 / 01:32 / 3年後

旅客機の通信システム、WiFi使って乗っ取り可能=専門家

[ボストン 4日 ロイター] - 米セキュリティーサービス会社アイオーアクティブのコンサルタント、ルーベン・サンタマルタ氏は、旅客機の衛星通信システムに脆弱性があると指摘し、機内の無線LAN「WiFi」やエンターテインメント装置を使って乗っ取ることが可能だとの見方を示した。

 8月4日、米アイオーアクティブは、旅客機の衛星通信システムに脆弱性があると指摘し、機内のWiFiなどを使って乗っ取ることが可能だとの見方を示した。写真はカンタス航空機のコックピット。2012年4月撮影(2014年 ロイター/Tim Chong)

今週ラスベガスで行われるハッキングに関する会合で研究の詳細について発表する予定。

同氏によると、英コバム(COB.L)、米ハリス(HRS.N)、エコースター(SATS.O)、ヒューズ・ネットワーク・システムズ、イリジウム・コミュニケーションズ(IRDM.O)、日本無線6751.Tの通信機器に使われているソフトに脆弱性が見つかった。

機内のWiFiのシグナルやエンターテインメント装置を使って航空機の電子機器にアクセスし衛星通信を操作することで、航行システムや安全システムを妨害することが理論上は可能だという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below