Reuters logo
中国アリババが米上場申請、ハイテク関連で過去最大規模との見方
2014年5月6日 / 22:03 / 3年前

中国アリババが米上場申請、ハイテク関連で過去最大規模との見方

[サンフランシスコ 6日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングIPO-ALIB.Nは6日、米証券取引委員会(SEC)に10億ドル規模の新規株式公開(IPO)を申請した。

 4月6日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングは米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請した。4月撮影(2014年 ロイター/Chance Chan)

アリババが明らかにしたIPOの規模は上場手数料を計算するためのもので、最終的に米フェイスブック(FB.O)の160億ドルを上回り、ハイテク関連企業では過去最大規模になるとも予想されている。

SECに提出した資料によると、上場先はニューヨーク証券取引所かナスダック市場で検討を続けている。

ソフトバンク(9984.T)が株式の34.4%、米ヤフーYHOO.Oが22.6%を保有する。アリババの共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は株式8.9%を保有する。

ヤフーはIPOで保有株の約40%を売り出すか、IPO前にアリババに直接売却する必要がある。

合意に基づき、上場でヤフーのジャクリーン・リセス最高開発責任者(CDO)が取締役会から退く。また、9人体制となる新たな取締役会でソフトバンクが指名できる役員の数は1人。

クレディスイス、ドイツ銀行、米ゴールドマン・サックス、JPモルガン、モルガン・スタンレー、シティグループが引き受けを行う。

 *内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below