Reuters logo
焦点:英国のEU離脱通知、建設的な言葉の裏に「厳しい要求」
2017年3月30日 / 04:41 / 6ヶ月前

焦点:英国のEU離脱通知、建設的な言葉の裏に「厳しい要求」

 3月29日、英国のメイ首相がトゥスクEU大統領に提出したEU離脱の正式通知は全体が建設的なトーンである一方、厳しい要求も突き付けている。写真は書簡のコピー。ブリュッセルで撮影(2017年 ロイター/Yves Herman/Photo illustration)

[ブリュッセル 29日 ロイター] - 英国のメイ首相が29日にトゥスク欧州連合(EU)大統領に提出したEU離脱の正式通知は全体が建設的なトーンで、英国は離脱前に必ず義務を果たすと表明しており、EU指導者は安堵しそうだ。

一方でメイ首相はEUに厳しい要求も突き付けた。6ページの正式通知で、離脱条件だけでなく新たな貿易協定や主要セクターでの特別な取り決めについても同時に交渉を進めるよう要求。交渉が決裂した場合の安全保障面の協力についても、EUに対して遠回しに圧力を掛けた。

メイ首相は通知で「誠実な協調の精神に基づき、お互いに建設的かつ敬意を持った態度で向き合うべきだ」と主張。EUに対する英国の未払い分担金については、EU側の要求に応える形で、「離脱の義務だ」と2度にわたり言及した。

さらにEU側の言い回しをそのまま使い「いいとこ取り」はしないと言明。EU加盟国を相手にビジネスをする英国人は、自分たちにとって不利な規則に従わざるを得なくなるだろうとした。

これに対してEU側も、英国は「緊密なパートナー」になるだろうと表明。「離脱交渉に建設的な態度で臨み、合意に至るよう努力する」とした。

ただ、メイ首相の要求は一部EU加盟国の主張と相入れず、EU内部で不協和音が生じている。トゥスク大統領は加盟国に団結を呼び掛けているが、英国はこの点に付け込むことが可能だ。

EUの交渉担当者は離脱に関する取り決めの合意をできれば年末まで先延ばしし、その後で英国が求めている自由貿易協定についての交渉に入りたいと望んでいる。

しかしメイ首相は通知で「英国のEU離脱とともに、われわれの将来的な相互関係の条件についても合意する必要があると確信している」と表明。すぐに貿易交渉を開始すべきだとの主張を鮮明にした。

EU当局者は、貿易関係の考えがある程度まとまらないと、英国とEUの新たな国境についての合意など離脱の要素が決着できないと考えている。EU当局者は未払い分担金など他の問題が解決するまで貿易問題には深入りしたくないと考えているが、英国とEUで400万人が外国人になるという問題にどう対処するかは、メイ主要が認めているように最優先課題になった。

メイ首相は、金融など英EU間でつながりの密接な主要経済セクターの混乱をどう避けるかについて「技術的な話し合い」をすぐに開始する考えを示した。

EUの交渉担当者は、他のEU加盟国が離脱に走るようなことのないように、英国に厳しい姿勢で臨む方針を固めており、特定の分野で特別な合意をすぐに結ぶことは避けたいと考えている。ただ、いずれはこうした取り決めを結ぶことになりそうだと認めている。

メイ首相は英国の全要求について話し合うには2年間というスケジュールは厳しいとしており、この点はEU側も歓迎しそうだ。首相は、規制の急激な変更による混乱を避けるために2019年以降も移行期間が必要だろうと述べ、EUの主張に歩調を合わせた。

(Alastair Macdonald記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below