Reuters logo
焦点:中国の銀行が流動性確保に殺到、人民銀の健全性審査控え
2017年3月31日 / 03:42 / 6ヶ月前

焦点:中国の銀行が流動性確保に殺到、人民銀の健全性審査控え

 3月30日、中国人民銀行(中央銀行)による四半期毎の健全性審査を月末に控え、銀行は流動性の確保を急いでいる。上海の金融街で9日撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[上海 30日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)による四半期毎の健全性審査を月末に控え、銀行は流動性の確保を急いでいる。その影響は短期金融市場の混乱や銀行間貸し出しの急増といった形で表れており、銀行がいかにリスクの高い資金調達や投資を増やしているかを浮き彫りにしている。

「マクロプルーデンシャル評価(MPA)」は昨年から始まったもので、今回は初めて簿外の理財商品が対象に含まれる。銀行の債務膨張を抑えようとする当局の努力も空しく、シャドーバンキング(影の銀行)の一部とされる理財商品はここ数年で爆発的に拡大した。

MPAで不合格となった銀行は厳しい制裁を科されると見られているが、結果は公表されない。アナリストによると、審査は資産の質、資本規模、流動性資産の比率、資金調達の安定性など7項目の指標に照らして実施される。

中国の銀行はMPAを前に、バランスシートを健全に見せようと現金をかき集めて貸し出しを抑制している。

この結果、今回は通常の期末以上に市場で資金需給が引き締まっている。短期金利CN7DRP=CFXSは数週間で9%ポイントも上昇し、債券利回りを押し上げて株式市場の動揺も誘った。

一部の銀行は流動性の高い資産を買い増し、リスクの高いローン債権を処分した。

中国交通銀行のエコノミスト、Qiu Gaoqing氏は「MPAを控え、今は流動性の確保が最優先事項だ」と語る。

中国の銀行による与信は昨年、過去最大の12兆6500億元(1兆8400億ドル)に達した。銀行が保有する理財商品は昨年6月末時点で26兆2800億元(4兆0400億ドル)と、1年で42%も増えており、アナリストは年後半にさらに4兆元増えたと推計している。

CITICバンクのFang Heying最高財務責任者はロイターに対し、銀行は資本、資産、コストを減らす必要があると指摘し、現在はデレバレッジ(債務削減)の出発点に過ぎないとの認識を示した。

銀行は理財商品を急いで処分したくないため、ここ数カ月間は譲渡性預金証書(NCD)を通じて相互の借り入れを増やしている。銀行間のCD発行は昨年140%も増えて13兆3000億元に達した。

MPAでは、銀行間債務に上限が設けられている。NCDはまだ同債務に算入されていないが、一部のアナリストは、将来的に算入されることになると予想。あるアナリストは「銀行と当局は常にいたちごっこを演じている」と述べた。

(Samuel Shen、Engen Tham記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below