Reuters logo
アングル:中国の投信がコモディティ投資開始、政府改革に期待
2016年3月28日 / 08:21 / 1年前

アングル:中国の投信がコモディティ投資開始、政府改革に期待

 3月28日、中国の投資信託業界が国内のコモディティ先物への投資に力を入れ始めた。写真は、UBS─SDICファンド・マネジメントのロゴ。北京で2009年9月撮影(2016年 ロイター)

[上海/シンガポール 28日 ロイター] - 中国の投資信託業界が国内のコモディティ先物への投資に力を入れ始めた。国が資源セクターの慢性的な供給過剰の解消に向けた改革に乗り出したことで、今後は資源価格が押し上げられるとの期待からだ。

中国の株式市場は昨年の急落から立ち直りの兆しを見せておらず、債券利回りも数年ぶりの低水準に下がっている。投信は株、債券という従来の投資対象から分散化を図りたい意向だ。

政府は膨張した鉱業セクターを整理統合し、供給過剰に手を打つキャンペーンを実施している。このため鉄鉱石や銅など資源価格が持続的に回復に向かうとの期待が生じた。

中国の投信業界は昨年末時点の運用資産規模が推計8兆4000億元(1兆3000億ドル)。同国のコモディティ先物市場は昨年の取引高が合計136兆5000億元と世界最大級で、投信が投資を始めれば流動性が一気に高まる可能性がある。

世界最大の資源消費国である中国の価格決定力も増しそうだ。

オリエント・フューチャーズ(上海)の上級幹部、ファン・シシェン氏は「株価暴落後、投資家の投資分散意欲は高まり続けており、政府が資源価格の上昇につながりそうな生産能力削減の改革を推し進めているため、コモディティは投資資産として良好だと見られている」と述べた。

深センのUBS─SDICファンド・マネジメントは2015年8月、上海先物取引所の銀先物に連動する中国発の投資信託商品を立ち上げた。

他にも同様の動きを目指して当局の認可を待っているファンドがある。フォーチュンSGファンド・マネジメントの幹部は、上海銅先物SCFcv1に連動する投信を計画中だと話した。Huatai-Pine Bridge Investmentsは複数の農産物先物のインデックスに連動する投信を立ち上げたい意向だ。

ワンジャ・アセット(上海)もコモディティ先物関連の投信を準備中。同社のマネジャーは「このところ、コモディティ先物市場は非常に熱く、その他の市場には投資機会が乏しい。だから投信はコモディティを狙っている」と述べた。

<取引高が急増>

複数のコモディティ市場が今年に入って回復している。大連商品取引所の鉄鉱石先物DCIOcv1は1月初めから35%超も上昇し、1バレル=30ドルを割り込んでいた石油先物LCOc1は40ドル近くまで持ち直した。

1─2月に上海先物取引所の出来高は約50%、大連商品取引所の出来高は85%、それぞれ増加した。

ただ、中国の投信がコモディティ先物を理解し、経験豊富なトレーダーを雇うには時間を要すると釘を刺す先物ブローカーもいる。

あるブローカーは「コモディティ先物は他の取引とは異なり、しっかりしたリスク管理技術が必要になる」と述べた。

一方でバンズ・ファイナンシャル(香港)のマネジングディレクター、ジョン・ブラウニング氏は「長い目で見れば、中国の投資商品は継続的に分散化を図る必要があり、コモディティ投資ファンドの発展はそうした動きだ。この過程は今後何年間も続くだろう」と見ている。

(Ruby Lian and Gavin Maguire記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below