Reuters logo
4月米新築住宅販売、4カ月ぶりのマイナス
2017年5月23日 / 15:16 / 4ヶ月前

4月米新築住宅販売、4カ月ぶりのマイナス

[ワシントン 23日 ロイター] - 米商務省が23日発表した4月の新築一戸建て住宅の販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比11.4%減の56万9000戸と、4カ月ぶりに減少した。

3月の9年半ぶりの高水準から大きく落ち込んだものの、雇用市場が引き締まる中で住宅市場の回復は続いているもようだ。

市場予想は1.5%減の61万戸だった。前年同月比は0.5%増えた。

3月の販売戸数は当初発表の62万1000戸から64万2000戸に上方改定された。2007年10月以来9年半ぶりの高水準だった。

新築一戸建ては住宅市場全体の約9.8%を占める。

失業率が4.4%という低水準にあることが象徴するように、雇用市場のスラック(需給の緩み)は解消しつつある。若年層の雇用機会が増加しており、住宅需要を下支えしている。

BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ジェニファー・リー氏は「住宅需要は依然として力強く、雇用の伸びや賃金増といった支援要因にも変化は見られない」と話す。

住宅ローン金利が過去最低水準にあることも追い風となっている。住宅ローンの30年固定金利は4.0%を少し超える水準で推移している。

ただ、建材の価格上昇や建設用地と労働者の不足のせいで、住宅の供給は需要に追いついておらず、住宅価格は上昇が続いている。16日に発表された4月の住宅着工件数は2カ月連続で減少し、5カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。

4月の新築一戸建て住宅の販売戸数を地域別でみると、北東部が7.5%減。西部は26.3%の減少で、戸数は15年10月以来の少なさだった。南部は4.0%減、中西部は13.1%減だった。

新築一戸建て住宅の在庫は、1.5%増の26万8000戸と、09年7月以来の多さだった。それでも06年の住宅バブル時につけたピークの半分以下の水準にとどまっている。

4月の販売ペースから計算した在庫消化に必要な期間は5.7カ月。3月は4.9カ月だった。需給が均衡する健全な水準は6カ月とされている。

*内容とカテゴリーを追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below