Reuters logo
中国の鉄筋先物が7%上昇、鉄鋼生産能力の削減進む
2016年11月25日 / 09:11 / 10ヶ月前

中国の鉄筋先物が7%上昇、鉄鋼生産能力の削減進む

[マニラ 25日 ロイター] - 上海先物取引所の鉄筋先物が、25日の取引で大幅上昇し、2年半ぶり高値での引けとなった。中国の劉延東副首相はこの日、経済改革プログラムの下で年初からすでに、鉄鋼生産能力を目標の約2倍削減したことを明らかにした。

鉄筋先物の中心限月SRBcv1は値幅上限の7%高となる1トン=3154元(456ドル)で引けた。14日に付けた2014年5月以来の高値である3220元に迫っている。

訪独中の劉副首相はハンブルクで行った講演で、中国の大手製鉄会社は9月までに生産能力を4075万トン削減したと話した。規模が小さい製鉄会社の削減分と合わせると、8800万トンの削減になったという。政府は当初、年間の削減目標を4500万トンとしていた。

さらに政府は、向こう3─5年間で粗鋼生産能力を1億─1億5000万トン削減する方針を表明している。

Argonaut Securities(香港)のアナリスト、Helen Lau氏は「中国は(粗鋼生産能力の)削減目標を来年までに達成する可能性がある」と予想。「生産能力は制御されており、鉄鋼市場は早期にリバランスするだろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below