Reuters logo
上海鉄筋先物が3年半ぶり高値、中国の製鉄所閉鎖進む
2017年7月5日 / 06:10 / 3ヶ月前

上海鉄筋先物が3年半ぶり高値、中国の製鉄所閉鎖進む

[北京/マニラ 5日 ロイター] - 上海先物取引所の鉄筋先物が5日の取引で上昇し、約3年半ぶりの高値を付けた。環境汚染および過剰生産能力への対応策として中国政府が質の低い一部製鉄所を閉鎖したことを受け、需給が一段と引き締まるとの見方が強まった。

中国紙の経済日報が4日伝えたところによると、中国は今年上半期に低級の建築用鋼材を生産する製鉄所を600カ所以上(生産能力は約1億2000万トン)閉鎖した。これらの製鉄所では環境負荷の大きい誘導炉が使用されていた。

鉄筋先物の中心限月SRBcv1は一時、2014年1月以来の高値となる1トン=3474元(511ドル)を付けた。中盤時点では1.3%高の3436元。8営業日連続で上昇しており、年初来の上昇率は29%となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below