Reuters logo
米国務長官が今週訪中、領有権問題で挑発的言動をやめるよう要請へ=国務省
2014年2月12日 / 07:57 / 4年前

米国務長官が今週訪中、領有権問題で挑発的言動をやめるよう要請へ=国務省

[ワシントン 12日 ロイター] - 今週中国への訪問を予定しているケリー米国務長官は、中国が東シナ海と南シナ海で領有権を主張した問題を主要議題として協議する予定だ。そのほか、北朝鮮問題や地球温暖化についても話し合うとみられる。国務長官はワシントンを12日に出発し、14日に中国政府高官と協議する。

米国は中国の領有権主張について懸念を募らせている。ラッセル次官補(東アジア・太平洋担当)は5日の議会公聴会で、中国の南シナ海での領有権主張が地域の不確実性、安全保障上の懸念、不安定を生んでいるとの懸念を表明した。

国務省の高官は「(ラッセル次官補の証言は)明らかに、われわれの懸念と中国に対し求める対応を示したものだ」と説明。「国務長官は中国に対し、挑発的言動をやめ、同国の対応の一部が挑発的な意味合いをはらむことに対し注意を払うよう、強く要請し続けていくだろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below