Reuters logo
〔ロイター調査〕第4四半期豪GDP、前期比でプラス成長回復へ
2017年2月28日 / 05:08 / 7ヶ月前

〔ロイター調査〕第4四半期豪GDP、前期比でプラス成長回復へ

[シドニー 28日 ロイター] - ロイター調査によると、2016年第4・四半期のオーストラリアの実質国内総生産(GDP)は前期比0.7%増となり、第3・四半期の0.5%減からプラスに転じる見通しだ。輸出の好調な伸びに加え、消費者や政府の支出拡大が寄与するとみられている。

プラス成長となれば、豪経済は102四半期連続でリセッション(景気後退)を回避したことになり、オランダが持つ最長記録まであと1四半期となる。

コムセックのシニアエコノミスト、サバンス・セバスチャン氏は「オーストラリアはテクニカルリセッションを回避したようだ。それ以上に重要なのは、過去数カ月にわたり明らかに経済活動の活発化が続いていることだ」と述べた。

昨年は下半期の景気拡大が鈍かったことから、第4・四半期のGDPは前年比では1.9%増にとどまると予想されている。

部門別では純輸出がGDPの伸びに0.2%ポイント、政府支出が0.3%ポイント、それぞれ寄与する見通しだ。

GDP統計は3月1日に発表される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below