Reuters logo
豪主要都市の住宅価格、3月は前年比+12.9%に加速 規制後手に
2017年4月3日 / 01:24 / 6ヶ月前

豪主要都市の住宅価格、3月は前年比+12.9%に加速 規制後手に

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリアの不動産コンサルタント会社、コアロジックが発表した3月の同国主要都市の住宅価格は前年同月比12.9%上昇し、2010年5月以来約7年ぶりとなる大幅上昇を記録。伸び率は2月の11.7%からさらに加速した。

前月比は1.4%上昇で、2月と変わらなかった。

住宅価格の上昇加速は、不動産バブルのリスクを警戒するオーストラリア準備銀行(中央銀行)の懸念要因となりそうだ。中銀は不動産バブルは最終的に消費者と銀行の双方に悪影響を与えかねないとの見方を示している。

同国の銀行規制当局は先週、投機目的での利用が多いとみられるインタレストオンリー(利息分のみ返済)ローンの基準を厳格化。主要銀行も住宅ローン金利を引き上げている。

コアロジックの調査部門責任者ティム・ローレス氏は「投資用住宅への融資条件は厳格化が予想される。国内主要銀行による住宅ローン金利の引き上げは主要都市で過熱する住宅市場の沈静化につながる可能性がある」と指摘した。

3月のシドニーの住宅価格は前月比1.4%上昇、前年同月比18.9%上昇。メルボルンは前月比1.9%上昇、前年比15.9%上昇した。

ホバートと首都キャンベラでも前年比2桁上昇したが、パースとダーウィンでは低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below