Reuters logo
豪環境相、日本の南極海での調査捕鯨再開を批判
2017年1月16日 / 09:19 / 9ヶ月前

豪環境相、日本の南極海での調査捕鯨再開を批判

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリアのフライデンバーグ環境相は16日、反捕鯨団体が死んだクジラの写真を公表したことを受け、日本が南極海で調査捕鯨を再開したことに「深く失望した」と述べた。

 1月16日、オーストラリアのフライデンバーグ環境相は、反捕鯨団体が死んだクジラの写真を公表したことを受け、日本が南極海で調査捕鯨を再開したことに「深く失望した」と述べた。写真はスリランカ南部のミリッサ沿岸で2013年3月撮影(2017年 ロイター/David Loh)

オーストラリアは、商業捕鯨であれ調査捕鯨であれ、全ての捕鯨に反対の立場。関係筋によると、オーストラリアのターンブル首相と日本の安倍晋三首相との14日の会談でも捕鯨問題が議題に上った。

フライデンバーグ環境相は「日本がいわゆる『科学的』捕鯨を実施するために南極海に戻る決定をしたことを、オーストラリア政府は非常に残念に思っている」とした上で、「調査のためにクジラを殺す必要はない」と述べた。

反捕鯨団体「シー・シェパード」は15日、日本の調査母船「日新丸」のデッキ上で死んでいるミンククジラの写真を公表。日新丸が南極海にあるオーストラリアのクジラ禁漁区で捕鯨を行っていたと主張している。

フライデンバーグ環境相は、死んだクジラの正確な捕鯨場所は確認していない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below