Reuters logo
インド小型車でダイハツと協議開始、年内決定の公算=トヨタ幹部
2016年2月3日 / 18:22 / 2年後

インド小型車でダイハツと協議開始、年内決定の公算=トヨタ幹部

[ノイダ(インド) 3日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)は、インド市場での小型車生産・販売をめぐり、完全子会社化するダイハツ工業7262.Tと週内に協議を開始する。アジア・中東・北アフリカ事業を統括する棚田京一氏がロイターに明らかにした。

 2月3日、トヨタ自動車はインド市場での小型車生産・販売をめぐりダイハツと週内に協議を開始する。写真は会見するトヨタの豊田章男社長(左)とダイハツの三井正則社長。1月29日撮影。(2016年 ロイター/Yuya Shino)

決定は年内に下される公算が大きいとしている。

棚田氏は、小型車市場で戦うにはダイハツの協力が必要とし、まずはインドでブランドを確立したいと述べた。

トヨタはダイハツが得意とする小型車分野で連携し、インドなど新興国でのシェア拡大を目指す。

トヨタはインドの乗用車市場でのシェアを2025年までに現在の倍となる10%に拡大したい考え。

棚田氏は、インドでは小型車の需要がまだあるため、できるだけ早く投入したいとした上で、発売モデルや発売時期の決定にあたっては、車の安全性や環境性能に関するインド政府の方針を考慮する必要があると語った。

同氏によると、トヨタはインド南部にある同社工場内でダイハツが自動車生産を行うことを提案する方向。この工場の生産能力の約半分(年間10万台)をダイハツ側に充てることができるという。

同氏はまた、インドで知名度の低い「ダイハツ」ブランドの確立と独自の販売網構築にかかわるコスト節減のため、「トヨタ」ブランドとしてダイハツ車を販売することを検討する可能性がある、と述べた。

*内容を追加しました

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below