Reuters logo
香港の東亜銀行、2016年通期は33%減益 融資需要が鈍化
2017年2月17日 / 06:48 / 7ヶ月前

香港の東亜銀行、2016年通期は33%減益 融資需要が鈍化

[香港 17日 ロイター] - 香港の東亜銀行が17日発表した2016年通期決算で、利益は33%減少し7年ぶり低水準となった。香港や中国本土など主要市場で融資需要が鈍化したほか、融資焦げ付きが増加した。

この日公表した声明によると、利益は37億2000万香港ドル(4億7938万米ドル)で、ロイターがまとめたアナリスト10人の予想平均の37億香港ドルとほぼ一致した。

16年末時点の不良債権比率は1.49%と、前年末の1.13%から上昇。本土市場の顧客に対する融資は7.1%減の1390億香港ドルとなった。

デービッド・リー会長は声明で「ローン需要は今年、大半の市場で回復すると慎重ながら楽観的にみている。金利上昇により香港事業は恩恵を受けるだろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below