Reuters logo
ブログ:「猫島」を訪ねて
2015年3月6日 / 03:17 / 3年前

ブログ:「猫島」を訪ねて

──愛媛県大洲市の沖合にある青島。この場所では、野生化した猫の大群が空き家でくつろいだり、島内を闊歩したり、まるで島を支配しているようだ。

  写真は2月25日、多数の猫が生息する「猫島」として知られる愛媛県青島の港に集まった猫たち(2015年 ロイター/Thomas Peter)

猫たちは当初、漁船のネズミ退治のためにこの小さな島に連れてこられた。それ以来、繁殖し続け、現在120匹以上の猫たちが暮らしている。住民1人に対して猫6匹がいる割合だ。

1945年当時は900人が青島で暮らしていたが、現在の住民数はほんの一握り。その多くが島で生計を立ててきた年金生活者だ。

愛媛の長浜港からフェリーで30分のこの島は現在、地元で「猫島」として知られ、観光スポットになっている。

レストランも店も交通手段もなく、青島は観光客にとって快適とは言えないが、猫好きに不満はない。

「たくさんの猫がいた。『猫使い』のような人から餌をもらっている姿を見るのは楽しかった。また来たい」と、27歳の女性は語った。

 写真は2月25日、多数の猫が生息する「猫島」として知られる愛媛県青島で、猫に囲まれて歩く女性(2015年 ロイター/Thomas Peter)

1匹の猫がカメラマンに飛びつき、昼食を危うく奪われそうになった。

青島の猫たちは食べ物にあまり好き嫌いはないようだ。観光客にねだっておにぎりやエナジーバーやイモなど分けてもらい生活している。天敵がいないため、島を堂々と歩き回っている。

Slideshow (6 Images)

とはいえ、住民のすべてが猫を歓迎しているわけではない。年配のある女性は裏庭で猫が穴掘りをしているのを見つけると、棒で追い払っていた。住民たちは猫の生息数増加に歯止めをかけようとしており、少なくとも10匹に去勢手術を行った。

住民たちはまた、観光客のこともそれほど進んで受け入れているわけではなさそうだ。「来る者は拒まず」だが、そっとしておいてほしいと考えている。

漁師の男性(65歳)は「島に来る人が猫に癒やされるのはいいこと」だとした上で、「島民の負担にならない方法であれば」と語った。

 [青島(愛媛) 3日 ロイター]

*「猫島」についてのスライドショーは here

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below