Reuters logo
英利上げ、市場予想より早まる可能性=カーニー中銀総裁
2014年6月12日 / 22:38 / 3年前

英利上げ、市場予想より早まる可能性=カーニー中銀総裁

[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は12日、英国の金利は市場の予想よりも早く上昇する可能性があると言明、向こう1年以内に金融引き締めが始まる可能性を示唆した。

 6月12日、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は、英国の金利は市場の予想よりも早く上昇する可能性があると言明、向こう1年以内に金融引き締めが始まる可能性を示唆した。ロンドンで代表撮影(2014年 ロイター)

エコノミストの間ではこれまで、来年第2・四半期までの利上げを見込む向きは少数だった。

総裁は、依然として英国経済はインフレ率を押し上げずに成長することが可能との見方を示す一方で、中銀がこれまで年後半に想定していた景気減速の兆候はほとんどないとした。

その上で「利上げ時期をめぐってはすでにかなりの憶測がなされているが、その決断は一段と均衡がとれつつあり、市場が現在予想しているよりも早まる可能性がある」と語った。

オズボーン財務相とともに、ロンドン市長公邸(マンションハウス)で演説した。

総裁の発言を受け、ポンドGBP=は対米ドルで1セント上昇。1ポンド=1.693ドルを超え、1カ月ぶりの高値をつけた。

INGキャピタル・マーケッツの為替ディレクター、レイン・ニューマン氏は「ポンドはかなり急ピッチに、想定をはるかに超えて上昇した」と述べた。

総裁は、利上げ開始の時期よりも重要なのは「段階的かつ限られた形で」将来の利上げを進めることだと発言。家計の負債が高水準なことや通貨高による景気下押し効果に配慮する考えを示した。

利上げのタイミングは今後指標に左右されるとも発言。利上げ時期は事前に決めていないと述べた。

総裁は、住宅ローンの審査基準が緩くなっている問題など、住宅市場のリスクに対する対策を慎重に検討する考えも示した。

これに先立ち、オズボーン財務相は、住宅ローンのLTV(融資額と担保資産価値の比率)とLTI(融資額と所得の比率)に上限を設定する権限を中銀に付与すると表明。総裁も歓迎する意向を示した。

総裁は、必要な場合、中銀が市場を支援することが重要だとも発言。国内の大手ブローカーが銀行と同じ条件で中銀の制度を利用できる体制を来年中に整える方針を示した。

中銀の外貨建て資金供給能力の強化も検討する考えを示した。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below