Reuters logo
英利上げの条件、まだ整わず=中銀総裁
2016年1月26日 / 11:13 / 2年前

英利上げの条件、まだ整わず=中銀総裁

 1月26日、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁(写真)は、議会の委員会質疑で、利上げの条件はまだ整っていないと述べた。19日撮影(2016年 ロイター/Frank Augstein/pool)

[ロンドン 26日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は26日、議会の委員会質疑で、利上げの条件はまだ整っていないと述べた。利上げまでにはまだ時間があることを示唆した先週の発言内容を繰り返した。

総裁は先週、今年初めての演説で、利上げのタイムテーブルはないと発言した。

議会の委員会で、演説の内容はメディアに正しく解釈されているかと尋ねられると、「私の考えでは、報道は利上げの条件は整っていないということを正しく認識している」と述べた。

また、英国が欧州連合(EU)から離脱するとの懸念が市場で広まる可能性があるため、英国が抱える大規模な経常赤字がリスクになる恐れがあると指摘。英国の経常赤字が国内総生産(GDP)の4─4.5%に上っていることに言及し、「世界的な環境はより不安定になった。見ず知らずの他人に依存することは最も好ましい状況ではない」と述べた。

そのうえで、EUからの離脱の是非を問う国民投票で離脱が賛成多数となった場合、金融安定の保全に向けた措置を発表すると表明。「国民投票の結果は金融安定に影響を及ぼす可能性がある。(国民投票の)結果に確実に耐えられるように金融システムを強化することがわれわれの責務と考えている」と述べた。

キャメロン首相は2017年末までにEU離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票を実施するとしているが、多くのアナリストは今年の年央にも前倒しされる可能性があるとの見方を示している。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below