Reuters logo
日銀コア8月は0.4%にプラス幅縮小、昨年2月以来の低い伸び
2016年9月30日 / 05:56 / 1年前

日銀コア8月は0.4%にプラス幅縮小、昨年2月以来の低い伸び

[東京 30日 ロイター] - 日銀は30日、総務省の消費者物価指数(CPI)を独自に加工して作成している、除く生鮮・エネルギー指数(日銀コアCPI)が、8月は前年比0.4%上昇したと発表した。7月の0.5%からプラス幅が縮小し2015年2月以来の低い伸びとなった。

日銀コアは黒田日銀の大規模金融緩和が始まって半年後の2013年10月にプラスに浮上。15年12月には1.3%までプラス幅が拡大していたが、その後は一転縮小傾向が続いている。テレビなど耐久財や加工食品などが指数の押し下げに働いている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below