Reuters logo
日銀版コアコアCPI、10月は+0.3% 9カ月ぶりプラス幅拡大
2016年11月25日 / 05:46 / 1年前

日銀版コアコアCPI、10月は+0.3% 9カ月ぶりプラス幅拡大

[東京 25日 ロイター] - 日銀は25日、生鮮食品とエネルギーを除いた消費者物価(日銀版コアコアCPI)の前年比上昇率が10月に0.3%になったと発表した。9月は0.2%だった。プラス幅が拡大するのは今年2月以来、9カ月ぶりとなる。

 11月25日、日銀は、生鮮食品とエネルギーを除いた消費者物価(日銀版コアコアCPI)の前年比上昇率が10月に0.3%になったと発表した。写真は都内で3月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

日銀版コアコアCPIは、総務省が公表している消費者物価指数をもとに、変動の激しい生鮮食品とエネルギーを除いた指数を日銀が独自に試算したもの。物価の基調を反映する指標として重視している。

2015年12月に1.3%上昇の直近ピークを付けて以降、下落基調となり、9月に0.2%上昇までプラス幅が縮小。物価の基調の鈍化が鮮明になっていた。

総務省が公表した10月の全国消費者物価指数 (除く生鮮、コアCPI)は前年比0.4%下落となり、9月の0.5%下落からマイナス幅が8カ月ぶりに縮小していた。原油価格下落の影響一巡が指数の押し上げ要因となった。

伊藤純夫

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below