Reuters logo
生保協会長、10年金利がゼロ近辺での日銀指値オペに意外感
2016年11月18日 / 08:26 / 10ヶ月前

生保協会長、10年金利がゼロ近辺での日銀指値オペに意外感

 11月18日、生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は会見で、日銀による指値オペについて、10年金利が金融政策のターゲットとしているゼロ%程度での水準で実施されたことに「意外感を持っている」と述べた。写真は都内の日銀本店前で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 18日 ロイター] - 生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は18日の会見で、日銀による指値オペについて、10年金利が金融政策のターゲットとしているゼロ%程度での水準で実施されたことに「意外感を持っている」と述べた。

日銀は17日、固定金利で無制限に国債を買い入れる指値オペを初めて通告。買い入れ利回りが市場実勢を大きく上回ったオファーであったために、応札はゼロだったが、市場は金利上昇抑制という日銀の「意図」を受け止めている。

根岸会長は、日銀はこれまで10年金利がマイナス0.1%程度まで許容していたように見えていたため、上限についてもプラス0.1%までは容認してくるのではと考えていたとし、指値オペ通告のタイミングについて、「ずいぶん早かった」との感想を述べた。

生命保険会社の運用にとっては、超長期ゾーンの金利動向が重要だとして、日銀による超長期国債の買い入れ減額を期待したいと述べた。現在の金利水準では保険負債に比べ低いため、円建て公社債への投資は引き続き慎重姿勢だとした。

ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利以降、利回りが上昇している米国債については、為替ヘッジコストの上昇が比較的緩やかなため、日本の生命保険会社にとっては、為替ヘッジ付きのものか、そうでないオープンで投資するかという選択肢が増えたと語った。

浦中大我

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below