Reuters logo
日銀の岩田副総裁が入院、腰部手術で回復に1カ月
2016年3月23日 / 02:37 / 1年前

日銀の岩田副総裁が入院、腰部手術で回復に1カ月

 3月23日、日銀によると、岩田規久男副総裁が腰部疾患の悪化により16日に入院した。写真は都内で2013年6月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] - 日銀によると、岩田規久男副総裁が腰部疾患の悪化により16日に入院した。病名は腰部脊椎管狭窄(きょうさく)症。17日に手術をし、4月中旬に公務復帰の予定。日銀では4月27日、28日に開催される次回の金融政策決定会合には出席可能とみている。

参院の財務金融委員会が岩田副総裁の出席を求めたところ、腰部疾患の急な悪化による入院が理由で出席できない旨を日銀が23日午前、同委員会理事会に報告した。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below