Reuters logo
物価の基調は改善も道半ば、QQE着実に推進=黒田日銀総裁
2016年1月8日 / 08:43 / 2年前

物価の基調は改善も道半ば、QQE着実に推進=黒田日銀総裁

[東京 8日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は8日、衆院予算委員会で、「物価の基調は改善しているが、まだ道半ば」との認識を示し、2%の物価安定目標の早期実現をめざして「量的・質的金融緩和(QQE)を着実に推進していく」と語った。

 1月8日、日銀の黒田東彦総裁は、衆院予算委員会で、「物価の基調は改善しているが、まだ道半ば」との認識を示し、2%の物価安定目標の早期実現をめざして(QQE)を着実に推進していく」と語った。写真は都内で昨年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

階猛委員(民主)の質問に答えた。

岩田規久男副総裁も、最近の生鮮食品を除いた消費者物価(コアCPI)の前年比がゼロ%程度に低迷しているのは「2014年夏以降の原油価格の大幅下落の影響が大きい」と説明。

エネルギーも除いたベースでみれば「最近では1.2%まで上昇するなど物価の基調は改善している」と語った。

伊藤純夫 編集:吉瀬邦彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below