Reuters logo
債券市場の機能度判断が ‐43に悪化、長期金利見通しは上昇=日銀調査
2017年3月1日 / 09:43 / 7ヶ月前

債券市場の機能度判断が ‐43に悪化、長期金利見通しは上昇=日銀調査

[東京 1日 ロイター] - 日銀が1日公表した「債券市場サーベイ」の2月調査によると、市場参加者の判断する債券市場の使いやすさを示す機能度判断DIがマイナス43となり、前回の昨年11月調査のマイナス38から悪化した。

一方、3カ月前と比べた変化はマイナス19(前回マイナス25)に改善した。

10年債利回り見通しの中央値は2017年度末が0.15%で、前回のゼロ%から上昇した。18年度末も0.20%と前回の0.04%から上昇した。

今回の調査は、昨年9月に長期金利の操作目標を「ゼロ%程度」に設定した「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入して以降で2回目となる。回答期間は2月8日─15日。国債売買オペ対象先のうち、協力を得られた42先を対象に実施した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below