Reuters logo
日銀6月短観、企業の景況感は改善続く 内外需ともに好調
2017年7月3日 / 03:17 / 3ヶ月前

日銀6月短観、企業の景況感は改善続く 内外需ともに好調

 7月3日、日銀が発表した6月全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業規模を問わず幅広い業種で景況感の改善が示され、内外需のバランスのとれた景気回復の継続が確認された格好だ。写真は日銀、2016年9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 日銀が3日発表した6月全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業規模を問わず幅広い業種で景況感の改善が示され、内外需のバランスのとれた景気回復の継続が確認された格好だ。

先行きは海外情勢の不透明感なども根強く、全体として悪化が見込まれている。

業況判断DI(良い─悪い)は大企業・製造業がプラス17、同非製造業がプラス23となり、前回の3月調査からそれぞれ5ポイント、3ポイント改善した。製造業が3四半期連続、非製造業は2四半期連続の改善。製造業は2014年3月以来の高水準となり、同年4月の消費増税前に回復した。

ロイターの事前予測では、大企業製造業でプラス15が見込まれており、結果はこれを上回った。同非製造業は予測と同水準だった。

中小企業は製造業・非製造業ともにプラス7となり、それぞれ4四半期連続で改善した。

業種別にみると、大企業製造業ではアジアを中心とした堅調な海外経済を背景に、輸出関連が好調。はん用機械や生産用機械、業務用機械、電気機械、鉄鋼などの景況感が大きく改善した。

同非製造業では、首都圏を中心とした再開発や個人消費の持ち直しなどを反映し、建設や物品賃貸、小売、運輸・郵便などが改善している。

これを裏付けるように、国内外の需給も引き締まり方向。国内での製商品・サービス需給判断DI(需要超過─供給超過)は大企業製造業がマイナス6、同非製造業がマイナス8とそれぞれ2ポイント改善した。

大企業製造業の海外での製商品需給判断(同)はマイナス2と2ポイント改善。先行きも加工業種を中心に改善が見込まれている。2017年度の売上高計画をみても、輸出は前年比1.1%の増収となる見通しだ。

一方、先行きは大企業・中小企業の製造業・非製造業いずれも悪化を見込んでいる。もともと企業は先行きを慎重に見込む傾向があるものの、今後の原材料価格の上昇や、海外を中心とした先行き不透明感への警戒感も根強い。日銀によると、人手不足感の強まりに伴う人件費の上昇をマイナス要因に指摘する声もあった、という。

事業計画は17年度の売上高計画が全規模・全産業で前年比2.0%増、経常利益計画が同4.2%減と増収・減益が見込まれている。もっとも、売上高経常利益率は同4.89%と引き続き高水準にある。

17年度の設備投資計画は大企業・全産業で同8.0%増となり、ロイターの事前予測の同7.4%増を上回った。製造業が同15.4%増、非製造業が同3.7%増となりいずれも2000年度以降の平均を上回る計画となっている。

雇用人員判断DI(過剰─不足)は大企業全産業でマイナス16と3月調査から1ポイント不足超幅が拡大。一方、中小企業全産業はマイナス27と1ポイント不足超幅が縮小した。全規模全産業ではマイナス25と横ばいとなったものの、約25年ぶりのタイトな水準での推移になっている。

伊藤純夫 編集:吉瀬邦彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below