Reuters logo
英司法相、次期首相にジョンソン前ロンドン市長を支持=英紙
2016年6月27日 / 03:11 / 1年前

英司法相、次期首相にジョンソン前ロンドン市長を支持=英紙

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国民投票で勝利した欧州連合(EU)離脱派のリーダーの1人、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長は、10月までに辞任する意向を示したキャメロン首相の後任候補として、離脱派のゴーブ司法相から支持を取り付けた。英紙サンデー・タイムズが報じた。

 6月25日、英国民投票で勝利した欧州連合(EU)離脱派のリーダーの1人、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長は、10月までに辞任する意向を示したキャメロン首相の後任候補として、離脱派のゴーブ司法相から支持を取り付けた。写真は英国オックスフォードシャーで25日撮影(2016年 ロイター/Peter Nicholls)

同紙によると、ゴーブ司法相は25日、ジョンソン氏に電話をかけ、次の与党保守党党首・首相の座をめぐって同氏を支持する考えを伝えた。

23日に実施された国民投票に向けては、保守党内が分裂し、キャメロン首相がEUへの残留を訴えたのに対し、ジョンソン氏やゴーブ司法相はEU離脱派を主導していた。

また同紙によると、女性閣僚のメイ内相が数日内に後任候補に名乗りを上げる見通し。ジョンソン氏の有力な対抗馬として首相周辺から支持を得るとみられる。

メイ内相は残留派ながら、首相やオズボーン財務相に比べて目立つ存在ではなかった。財務相は次期リーダーの呼び声もあったが、国民投票の結果を受けて可能性が後退した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below