Reuters logo
ブラジル中銀、政策金利を50bp引き上げ 追加利上げに含み
2015年6月4日 / 00:05 / 2年前

ブラジル中銀、政策金利を50bp引き上げ 追加利上げに含み

 6月3日、ブラジル中央銀行は金融政策委員会で政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げ13.75%とすることを決定した。写真はトンビニ総裁、5月撮影(2015年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[ブラジリア 3日 ロイター] - ブラジル中央銀行は3日の金融政策委員会で、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げ、13.75%とすることを決定した。引き締めサイクルを継続し、追加利上げの可能性に含みを残した。

決定は全会一致。市場では利上げの見方が大勢だった。政策金利は2009年1月以来の高水準となった。

11年ぶり高水準にあるインフレの抑制に向けて中銀が進めてきた利上げサイクルは投資家の信頼回復につながっているものの、過去25年で最悪のリセッション(景気後退)が見込まれる経済に打撃を与えかねない。

中銀は2016年終盤までにインフレ率を目標レンジの中央(4.5%)に低下させることを約束しており、追加利上げを実施する可能性がある。

政策決定に関する声明は前回から変更しなかった。

ゴールドマン・サックスのシニアエコノミスト、アルベルト・ラモス氏は「政策への信頼再構築に向けた正しい決定であり追加措置だ」と指摘。「サイクルは比較的終わりに近づいているが、あと1、2回追加利上げが必要になるかどうかは為替相場や経済活動に左右されるだろう」との見方を示した。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below