Reuters logo
ブラジル中銀、政策金利12.25%に引き下げ 追加利下げの見方も
2017年2月22日 / 22:04 / 7ヶ月前

ブラジル中銀、政策金利12.25%に引き下げ 追加利下げの見方も

[22日 ロイター] - ブラジル中央銀行は22日、政策金利を13.00%から2015年3月以来の最低水準となる12.25%に引き下げることを全会一致で決定した。

ロイターが調査したエコノミストも75bpの利下げを予想していた。

労働組合や企業などからは、世界最高水準の借り入れコストを低減させるため、100bpの利下げを求める声もあった。

ブラジル中銀は声明で、「金融緩和のペース加速の可能性は、緩和サイクルの延長が見込まれることだけでなく、経済活動の進展や他のリスク要因、インフレの予想や期待にも左右される」と説明。

また、緩和サイクルの期間はブラジルの総合的な市場金利で決まってくるとの見解を示した。

中銀は2017年のインフレ見通しを従来の4.4%から4.2%付近に引き下げた。これは目標中央値の4.5%を下回る水準。18年については4.5%の見通しを維持した。

22日に発表されたデータによると、2月中旬のインフレ率はブラジルレアルの急上昇などを受けて年率5%近くに低下した。

アナリストらは、インフレがさらに下向きになれば、より積極的な利下げにつながると指摘。ブラジル・プルラルのエコノミストは「声明は非常に中立だったが、次回会合でより大幅な利下げをしないとは言っていない」と述べた。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below