Reuters logo
ブラジル当局、汚職疑惑でリオデジャネイロ州元知事を逮捕
2016年11月18日 / 00:12 / 10ヶ月前

ブラジル当局、汚職疑惑でリオデジャネイロ州元知事を逮捕

[リオデジャネイロ/ブラジリア 17日 ロイター] - ブラジル当局は17日、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に絡む汚職などに関与した疑いで、リオデジャネイロ州のセルジオ・カブラル元知事を逮捕した。

ブラジル連邦検察によると、カブラル氏(53)は在任中の2007年─14年にインフラ関連プロジェクトの発注と引き換えに建設会社から2億2400万レアル(6600万ドル)の賄賂を受け取った犯罪組織を率いていた疑いが持たれている。

プロジェクトにはW杯で使われたサッカー場の改修工事が含まれていた。

連邦警察と検察はまた、ことし開催されたリオデジャネイロ五輪の関連プロジェクトについても汚職捜査を進めている。

カブラル氏は8月に罷免されたルセフ前大統領の側近。政治家の汚職疑惑に抗議するデモを受けて、任期を9カ月残して14年4月に退任していた。同氏の逮捕は所属する与党・ブラジル民主運動党に打撃を与えるとみられる。

テメル大統領の側近はロイターに対し、カブラル氏の逮捕によって「投資家が懸念を抱けば経済回復が遅れる可能性があり、心配な状況だ」と述べた。また、リオデジャネイロ州政府は財政破綻に近い状態で、テメル政権は他の州政府への波及を恐れているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below