Reuters logo
情報BOX:英EU離脱で想定される10のシナリオ
2016年6月27日 / 04:46 / 1年前

情報BOX:英EU離脱で想定される10のシナリオ

6月26日、 英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したのを受け、英国とEUは今後どのような交渉を行うのだろうか。考え得るシナリオをまとめた。写真は英国旗とビッグ・ベンが表紙に描かれたノート。ロンドンで昨年12月撮影(2016年 ロイター/Luke MacGregor)

[ブリュッセル 26日 ロイター] - 英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したのを受け、英国とEUは今後どのような交渉を行うのだろうか。考え得るシナリオをまとめた。()内は各シナリオに対する寸評。

(1)規則通り

キャメロン英首相はEU首脳らとの間で、EU基本条約(リスボン条約)第50条のみが離脱交渉に入る正式な道筋になることで合意している。

首相は保守党が10月に選ぶ次期首相にこの手続きを任せたい意向。EU首脳らは英国が直ちに、あるいは可及的速やかに手続きに入ることを望んでいるが、強制する法的権限は持たない。

最も友好的な離脱シナリオは、キャメロン首相がブリュッセルで開かれるEU首脳会議に出席する28日にも50条を発動する(これはありそうもない)か、首相かその後継者が後日、書簡で発動することだ。

発動後、交渉期限2年の間に友好的な離脱方法がまとまる。EU予算内の資産と負債を分割し、英国外のEU諸国に住む英国人や英国に住む他のEU市民の地位などで折り合うのが理想だ。

さらに理想的なのは、離脱と時を同じくして発効する新条約を結ぶことなどにより、英国とEUが新たに緊密な経済関係を築くこと。こうした条約は残りのEU諸国27カ国のうち20カ国が合意すれば発効が可能となる。まったく新しい関係を築くとなれば、恐らく全加盟国の同意が必要だろう。

また、英国を含む28カ国すべてが合意すれば、2年という交渉期間を延長することもできる。

(話がうますぎる。EUはそんなにやわな相手じゃない)

(2)ごめん、本気じゃなかった

英国は主要政党が内部分裂し、親EUのスコットランドが独立をちらつかせるなど、政治的な大混乱に陥っている。国民投票結果は憲法上の拘束力を持たず、政府と議会は、恐らくは次の選挙の後、国民投票結果を無視する。そうなればEUは元通りになるが、キャメロン首相が2月にEUから勝ち取った特別待遇は破棄されるだろう。

(民主主義の信頼という意味で限界を超えている)

(3)本気だけど、ちょっと待って

EU離脱派は以前からリスボン条約第50条が定める2年間という期限に懐疑的で、英国を移民受け入れなどのEU規則から免責する包括的な協定を結んだ「後に」50条を発動すべきだと公言する者もいる。これほど包括的な協定締結には5年以上を要するのが世界基準で、英国はその間EUに留まり続ける。

EU首脳らにとって、これは悪夢のシナリオだ。終わりのない交渉が始まり、EU全域のEU懐疑派勢力が英国を真似しようとするだろう。

EU側は、英国が50条の定める日程に自らを拘束するまで交渉には入らないと表明している。良いとこ取りは許さないという姿勢だ。

そうなると理論上、こう着状態が延々と続くかもしれない。英国は駄々っ子のように食卓の雰囲気をぶち壊し、そうした中で来年はフランスとドイツで選挙が実施され、EUは7年間の新たな予算協議に入る。

どこかで妥協が必要になり、歩み寄りに向けた動きが始まる。

(妥協はEUのお家芸。このシナリオは排除できない)

(4)本気だった、けど間違ったかな

EU当局者らは、一度50条を発動すれば、出戻りは許されないと主張する。しかし、そこは完全に明確ではない。将来の英国政府が、「離婚手続きに入ってはみたものの、皆が賛同してくれるなら婚姻状態を続けるのが最良だという結論に達した」と言うこともあり得るだろうか。

(シナリオ2を参照。ただし過去のことは忘れよう)

(5)ちょっと手を加えたい

一部離脱派は国民投票での勝利について、英国がEU内にとどまりながらやや距離を置くための、再交渉のテコに過ぎないとの考えを示唆している。そして再び国民投票を実施する可能性があるという。EU指導者らは、「良いとこ取りは許さない」という立場からこの可能性を排除してきた。キャメロン首相は今年、金融規制や移民政策についてEUから譲歩を引き出したが、国民投票結果によってこれは白紙に戻った。従って再交渉は一段低いところから始まることになる。しかし英国を「準加盟国」や「特別パートナーシップ」にするといった案は、以前から欧州で浮上している。

(シナリオ4を参照。しかし妥協の地、欧州においてはいかなる可能性も排除できない)

(6)ノルウェー、スウェーデン型

英国はノルウェーやスウェーデン、アイスランドのように、欧州経済領域(EEA)や欧州自由貿易連合(EFTA)に加盟してEUと緊密な関係を保つ手もある。しかし、これらの国の一部が受け入れているEU予算への拠出や移民受け入れに同意する必要があり、英政府は離脱派市民にこの点を納得させなければならない。英金融セクターにとって非常に重要なEU市場へのアクセスも得られない。より英国独自のテーラーメード型となると、先述のシナリオになる。

(少なくとも今、英国民が望んでいる形ではなさそうだ)

(7)EUは一からやり直し

英国離脱がEUに及ぼす影響があまりに壊滅的なため、EU側はスタート地点に戻り、英国を含む新たな連合の創設に取り掛かる、という極端なシナリオもある。

(間違いなく確率は低い。少なくとも近い将来は)

(8)EUに再加盟

英国はいつでもEUに再加盟できると言う離脱派もいる。しかし長年にわたる交渉や全加盟国の承認など、厳しい道が待ち構えている。英国はユーロへの加盟など、これまで例外を認められていた条件も数多く飲まされるだろう。

(非常にメリットが小さく、しかも遠大なシナリオだ)

(9)スコットランドが独立

スコットランドには、英国から独立してEU離脱を避けたいと望む人々がいる。しかしEU当局者らは、英離脱後の空席に独立後のスコットランドがそのまま収まるわけにはいかない、と述べている。

2014年、スコットランド独立の是非を問う住民投票が行われた時、EUは独立後のスコットランドが加盟を申請することはできるが、セルビアのように「最後尾」に並ぶことになり、ユーロではなくポンドを採用したいとの望みも叶えられない、と指摘していた。

(近い将来ではないが、スコットランドがいずれEUに加盟することはあり得る)

(10)喧嘩別れ

英国の次期政権は一切交渉せずにEUと決別する。50条を発動して2019年に法的に離脱することができる。2年間の通告期間を無視して直ちに離脱し、EU条約の義務を回避することも可能だ。国際法における英国の信頼は損なわれる。しかしEUがこれを防ぐ手立てはない。

EUは貿易面や域内に住む英国人を巡って復讐に出る可能性があるが、欧州経済と欧州市民に辛い影響が及ぶだろう。しかしEU指導者は、離脱後の英国に大きな顔をさせると、他のEU諸国の愛国主義勢力を勢いづかせると恐れている。

(「相互確証破壊」をちらつかせた後に緊張緩和、と言ったところ)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below