2017年2月3日 / 06:25 / 9ヶ月後

米大統領選後の信頼感改善、英経済にプラス=英中銀副総裁

[ロンドン 3日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のブロードベント副総裁は、米大統領選でのトランプ氏勝利を受けた米金融市場や企業の信頼感の高まりが英経済にプラスになるとの認識を示した。

副総裁は3日に放送されるBBCの番組でのインタビューで「米国を中心に企業信頼感が高まっている。金融市場も一段と楽観的になっており、一定の影響をもたらしていると思う」と述べた。

英経済は世界の景気動向に敏感で、米国の成長加速や他国への波及が英国に恩恵をもたらすとし、「前向き」な兆候だと指摘した。

英中銀は2日、2017年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを昨年11月時点の1.4%から2.0%に大きく引き上げた。8月時点では0.8%と予想しており、中銀は同月、政策金利を引き下げるとともに資産買い入れも拡大した。

ブロードベント副総裁はインタビューで、中銀が8月時点で成長率を低く想定していたことについて、欧州連合(EU)離脱決定後に信頼感が悪化したことが消費者・企業調査で浮き彫りになったためだと説明した。

実際には大方の予想に反し、信頼感や個人消費は下半期に急速に回復した。

ただ、2017年はEU離脱決定後のポンド安によってインフレが大きく加速し、「家計にとってより厳しい環境」になるとブロードベント氏は指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below