Reuters logo
英中銀総裁、低金利政策正当化する失業率の想定について議会で説明
2017年2月21日 / 11:59 / 7ヶ月前

英中銀総裁、低金利政策正当化する失業率の想定について議会で説明

[ロンドン 21日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が今月、失業率に関する基本的な想定の見直しを決めたことを巡り、カーニー中銀総裁は21日、議会で説明を求められた。

英中銀は今月、インフレ率が上昇し始める失業率の想定水準を従来の5%から4.5%に引き下げた。これにより中銀は、欧州連合(EU)離脱決定後の英経済が比較的堅調に推移する中でも、より長期にわたる低金利維持を正当化できる可能性がある。

英失業率は現在4.8%の水準にある。

カーニー総裁は議会での質疑応答で、中銀が失業率の「均衡水準」の想定引き下げを決めたことについて、年次の見直しの結果であり、金融政策委員会の一部メンバーは何年も前から想定水準は高すぎると感じていたと説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below