Reuters logo
英国民投票、キャンペーンへの寄付は少数の富裕層が占める=調査
2016年10月7日 / 10:11 / 1年前

英国民投票、キャンペーンへの寄付は少数の富裕層が占める=調査

[ロンドン 7日 ロイター] - 汚職反対運動を展開する団体トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)英国支部は7日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めた6月23日の国民投票で、キャンペーンを行ったグループに寄付された資金の半分以上が10の個人と企業からのものだったとの調査結果を発表した。

 10月7日、汚職反対運動を展開する団体トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)英国支部は7日、英国のEU離脱を決めた6月23日の国民投票で、キャンペーンを行ったグループに寄付された資金の半分以上が10の個人と企業からのものだったとの調査結果を発表した。写真はビッグベンを背景にしたEUの旗、ロンドンで7月撮影(2016年 ロイター/Paul Hackett)

これを受け、政治に対する富裕層の影響の大きさをめぐり議論が高まっている。

さらに、離脱派・残留派双方の陣営に対して行われた寄付の95%は、100の寄付元からのものだった。

TI・UKの政策部門担当者は声明で「この結果は、我が国の政党が50程度の寄付元で構成される富豪クラブに依存している状況を浮き彫りにしている。その多くは、貴族院(上院)議員でもある」と述べた。

TIは、調査では富豪は自分の利益を満たすために政府への影響力を利用していると考えていた回答者の割合が全体の76%に達したほか、議員の大半もしくは全員が汚職に関わっていると考えている回答者の割合が28%だったとし、政治に対する国民の信頼は低下していると指摘した。

現行の規則では寄付の上限は定められておらず、多額の寄付については政党に対して届け出を求めている。

TIは、政治資金に対して1つの寄付元につき年間1万ポンドの上限を設けることと、届け出や企業寄付の規制を強化することを勧告している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below