Reuters logo
英国EU離脱、正式通知前の非公式協議行わず=メルケル独首相
2016年6月27日 / 14:46 / 1年前

英国EU離脱、正式通知前の非公式協議行わず=メルケル独首相

[ベルリン 27日 ロイター] - メルケル独首相は、英国の欧州連合(EU)離脱手続きをめぐり、英国による離脱通知前に非公式協議を行うことはないとの立場を示した。

10月に辞任する意向を表明しているキャメロン英首相は、離脱交渉の正式な開始手続きであるリスボン50条の発動について、次期首相に委ねると述べている。

メルケル氏は会見で、英国のEU離脱を遅らせるブレーキも加速させるアクセルも持ち合わせていないとしながらも、「(EU離脱の)メッセージが示されたことを受け、これを実行に移すことが私の仕事」と語った。

その上で、英国がリスボン50条を発動する前に「非公式協議を開始することはできない。この点は明確だ」とした。

離脱支持団体「ボート・リーブ」の代表、マシュー・エリオット氏は、リスボン50条の発動前に、英国はEUとの非公式協議に着手すべきと主張していたが、メルケル首相はこれを拒否する立場を鮮明にした。

英国の次期首相が決定するまで、正式な離脱の通知を遅らせることができるかとの質問に対しては、メルケル氏は「永遠にこう着状態を抱えることはできない」と指摘。「英国は離脱申請を行なうまでEUにとどまることができる。その後は長い交渉が待っている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below