Reuters logo
仏中出資の原発新設事業、ロンドンで調印式  
2016年9月30日 / 00:22 / 1年前

仏中出資の原発新設事業、ロンドンで調印式  

[ロンドン 29日 ロイター] - フランスの電力公社EDF(EDF.PA)が主導し、中国企業が出資する原子力発電所建設事業の調印式が29日、ロンドンで行われた。報道陣を招待せずに控えめに実施された調印式は、外資出資事業に対するメイ首相の慎重姿勢を浮き彫りにした。

英南西部ヒンクリーポイントで新設されるこの原発は総工費240億ドル。中国側の出資は80億ドル。

この原発新設計画をめぐっては、英国の欧州連合(EU)離脱決定後に就任したメイ首相が7月29日、調印式の数時間前というタイミングで同プロジェクトの再検討を表明。今秋をめどにプロジェクトの可否を最終決定する方針を示していた。

ヒンクリーポイント原発新設計画は海外からの投資受け入れへの積極姿勢をアピールするためキャメロン前首相が推進。メイ首相が再検討するとしたことについて、関係筋などは背景には中国の出資に伴う安全保障上の懸念があるとしていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below