Reuters logo
ポンドが対ユーロで5週間ぶり安値、英EU離脱懸念が再燃
2016年9月26日 / 08:16 / 1年前

ポンドが対ユーロで5週間ぶり安値、英EU離脱懸念が再燃

[ロンドン 26日 ロイター] - 26日の欧州外国為替市場でポンドが下落し、対ユーロで約5週間ぶりの安値をつけた。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる懸念が再燃した。

ポンドの対ドル相場GBP=D4は0.2%安の1.2947ドル、対ユーロEURGBP=D4では1ユーロ=86.72ペンスとなっている。一時5週間ぶり安値の86.78ペンスまで下落した。

ジョンソン英外相が22日、来年初めにEU離脱交渉が正式に始まり2年以内に終了する可能性があるとの見方を示した。これを受けてポンドが売られ、23日も1%超下落した。

FXTMの首席市場アナリスト、ジャミール・アーマド氏は「(正式な離脱交渉を開始するための)リスボン条約50条の発動時期をめぐる発言と交渉にまる2年必要ではないとの見解がポンド相場に打撃を与えた」と指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below