Reuters logo
ポンド下落、「いずれ追加策が必要」との英中銀副総裁発言で
2016年9月28日 / 09:56 / 1年前

ポンド下落、「いずれ追加策が必要」との英中銀副総裁発言で

[ロンドン 28日 ロイター] - 欧州外為市場で、ポンド が一時1.30ドル台に下落した。イングランド銀行(英中銀)のシャフィク副総裁が、中銀は「いずれかの時点で」追加の景気刺激策が必要になる公算が大きいとの見解を示したことを受けた。

同副総裁は、今年の利下げは経済データ次第とする一方、手遅れになるよりは予防的に動く考えを示した。

0930GMT(日本時間午後6時30分)時点でポンドは0.3%安の1.2986ドル。対ユーロ でも0.3%安の86.365ペンス。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below