その他
PR

トクヤマ、マレーシアに多結晶シリコンプラントを建設

2011年 05月 12日 15:27 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 12日 ロイター] トクヤマ(4043.T: 株価, ニュース, レポート)は12日、マレーシア・サラワク州のサマラジュ工業団地において第二期多結晶シリコンプラントを建設すると発表した。約1000億円を投じ、2015年1月の営業運転開始を目指す。

 第二期プラントの生産能力は太陽電池向けに年産1万3800トン。これによりマレーシアにおける生産能力は現在建設中のプラントと合わせ年産2万トンとなる。  

 

注目の商品

BRICSが開発銀行設立(字幕・16日)

新興5カ国(BRICS)の首脳は、開発銀行と外貨準備基金を創設することで合意した。欧米主導で確立した国際金融システムに風穴を開けるのが狙いとみられている。  ビデオ 

外国為替フォーラム

写真
低価格ビジネスを直撃

人手不足のあおりを直接に受けている分野の一つが、コストを抑えた低価格戦略で成長してきた外食、小売りなどのビジネスだ。  記事の全文