PR

トクヤマ、マレーシアに多結晶シリコンプラントを建設

2011年 05月 12日 15:27 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 12日 ロイター] トクヤマ(4043.T: 株価, ニュース, レポート)は12日、マレーシア・サラワク州のサマラジュ工業団地において第二期多結晶シリコンプラントを建設すると発表した。約1000億円を投じ、2015年1月の営業運転開始を目指す。

 第二期プラントの生産能力は太陽電池向けに年産1万3800トン。これによりマレーシアにおける生産能力は現在建設中のプラントと合わせ年産2万トンとなる。  


 
写真

CEO、質問を一切拒否

ルフトハンザの最高経営責任者が、傘下ジャーマンウイングス機の墜落現場近くを訪問、記者団の質問には一切応じなかった。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

外国為替フォーラム

フェイスブックが新機能(27日)

米交流サイト大手フェイスブックは、そのユーザーを消費者へと変身させようと試みている。25日の年次開発者会議で、メッセンジャーをプラットフォームにして、この上で小売業者のアプリなどを使えるようにするとした。  ビデオ 

写真
「故意の墜落」再発防ぐ法

独機墜落事故を受け、パイロットなど乗客の安全を担う人たちに対する心理テスト強化を求める声は、間違いなく高まるだろう。ただ、精神疾患への偏見を強め、仕事を失うことを恐れて自殺願望を隠すようなことがあってはならない。
  記事の全文 | 特集ページ