欧州の銀行ストレステスト、ヘラバめぐり独連銀とEBAが対立

2011年 07月 14日 12:01 JST
 
  • Mixiチェック

 [フランクフルト 13日 ロイター] ドイツ連銀(中央銀行)は13日、欧州の銀行ストレステスト(健全性審査)で、ドイツで唯一不合格になるとみられているヘッセン・チューリンゲン州立銀行(ヘラバ)[HLHTG.UL]について、不合格としないよう欧州銀行監督機構(EBA)に求めた。

 独連銀のラウテンシュレーガー副総裁は、ヘラバがストレステストで不合格になるとの見通しを示したことを受け、「われわれの見方では、ストレステストで厳しい基準が適用されても、ヘラバは十分な資本を有している」と述べ、ヘラバの株主が資本準備の一部をストレステストで資本に算入されるよう措置を講じたと指摘した。

 一方、ヘラバは、EBAが「サイレント・パーティシペーション」と呼ばれるハイブリッド資本を資本準備に参入していればストレステストに合格していた、との考えを示した。

 ヘラバによると、EBAは当初、「サイレント・パーティシペーション」を認めていたが、最終的に認めなかったという。

 ヘラバはEBAに対し、データ公表を控え、ストレスとストから除外するよう求めている。

 EBAはこの問題についてコメントしていない。


 
 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
米経済に悲観無用、ドル高へ

今後、米経済への慎重過ぎる市場心理は逆方向に変化し、緩やかな米金利上昇とドル高ユーロ安を招くとABの村上尚己氏は予想。  記事の全文 

 
写真
ユーロ高示唆する欧州株高

欧州株高と改革進展への期待を織り込めば、ユーロはすでに大底をつけた可能性があるとネクスト経済研究所の斉藤洋二氏は指摘。  記事の全文 

 
年内ドル110円か130円か=佐々木融氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ビデオ:原油もうひと波乱=柴田明夫氏
原油価格は6月に下落か(19日)

資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は原油価格の見通しについて、短期的に70ドルを目指すとしながらも、回復は一本調子とはいかず、下ブレする展開がありそうだと指摘した。そしてその転機は6月に訪れると述べた。(このインタビューは5月19日に収録されました。)  ビデオ 

写真
日本の「失敗」に学べ

中国の銀行が直面する不良債権については、日本の教訓を学べ。  記事の全文 

 
写真
最良の道は「再び総選挙」

ギリシャが最悪の事態を避けるチャンスはまだある。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
高まる「チャイナオイル」の存在感
 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式