増田総務相、地方財政格差の是正策を諮問会議に提出

2007年 11月 9日 08:50 JST
 
  • Mixiチェック

 [東京 8日 ロイター] 増田寛也総務相は8日、経済財政諮問会議に地方間の財政力格差の是正策などを示した「地方と都市の共生プログラム」を提出した。具体的な格差是正策として、地方再生に必要な歳出について地方交付税に特別枠を創設するとともに、地方消費税と地方法人2税の一部交換などを提唱している。

 会議では、特別枠の設置に額賀福志郎財務相も賛同、福田康夫首相は、地方間の財政力格差是正に向け、総務・財務両相に08年度から実行可能な具体案をとりまとめるよう指示した。

 特別枠は、地方財政計画の歳出に「地方再生・活性化対策費」を新設することに伴い、地方交付税に確保する。財源については、「新たな国の支出に依存せず、地方税の偏在是正で生じる財源を活用する」としている。

 具体的な地方税の偏在是正策として、現在6対4とされている国と地方の税収比を「当面、1対1をめざして地方税を充実」する方向性を示すとともに、偏在度の小さい地方消費税と偏在度の大きい地方法人2税を交換することを提唱した。税源交換については、当面、消費税の地方交付税分を地方消費税に、地方法人2税を国の法人税の地方交付税分に「それぞれ一部移管することを中心に検討」する。

 大田弘子経済財政担当相によると、会議では、こうした偏在是正策を含めた総務相のプランを評価する声が多かった。首相指示を受け、格差是正に向けて総務・財務両省で具体策の策定を急ぐことになるが、額賀財務相も交付税の特別枠設置について賛成したという。

 ただ、額賀財務相は、国と地方の税収比1対1をめざすことに対して「形だけつくると三位一体改革のように地方の財政力格差が広がってしまう」と懸念を示すとともに、税源交換についても「法人2税と国の法人税では課税対象が違う。納税者が混乱しないことも考えなくてはいけない」と慎重な姿勢を示した。


 
 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
年内にドル110円か130円か

年間レンジの傾向から、ドル円は年後半にヤマ場を迎え、110円か130円のいずれかを目指すとJPモルガンの佐々木融氏は予想。  記事の全文 

 
写真
FRBは利上げ時機逃したか

米国金融政策の行方は極めて不透明になっており、利上げの時機を逸した可能性もあると、三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之氏は分析。   記事の全文 

 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
 
買い戻しに耐えた円安=唐鎌大輔氏
 
ギリシャ危機でユーロ反落か=鈴木健吾氏
 
格下げは悪い円安予兆か=植野大作氏
 
円売り再燃で125円も=池田雄之輔氏
原油価格は6月に下落か(19日)

資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は原油価格の見通しについて、短期的に70ドルを目指すとしながらも、回復は一本調子とはいかず、下ブレする展開がありそうだと指摘した。そしてその転機は6月に訪れると述べた。(このインタビューは5月19日に収録されました。)  ビデオ 

写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か