東芝が福島原発汚染水処理で新設備、セシウム以外の放射性物質除去

2012年 07月 24日 21:41 JST
 
  • Mixiチェック

〔横浜 24日 ロイター〕 東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)は24日、東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)福島第1原子力発電所事故の汚染水から62種類の放射性物質を除去できるシステム「アルプス」の主要装置を報道陣に公開した。水処理を手がける米エナジー・ソリューション社の基本設計をもとに、東芝が福島原発での汚染水に対応したシステムを製造した。東電は9月中に現地で試運転を始める。

福島第1原発ではすでに東芝製の汚染水処理設備「サリー」が稼働しているが、除去できるのはセシウムだけで、その他の放射性物質の除去が課題となっていた。

「アルプス」はストロンチウム、コバルトなど62種類を樹脂や活性炭などを使って取り除く。ストロンチウムの濃度は約1000万分の1に低減でき、対象の全核種を海洋への放出限度以下に減らせるという。1日当たり最大500トン浄化できるため、敷地内に約20万トンある汚染水が約400日で処理できる計算となる。


 
 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
円安に冷めた海外投資家

12年半ぶりの円安も海外勢にはドル高の一面にすぎず、今後売られる通貨は別だとJPモルガンの佐々木融氏は分析。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
原油に波乱、6月下落も=柴田明夫氏
 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏
原油価格は6月に下落か(19日)

資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は原油価格の見通しについて、短期的に70ドルを目指すとしながらも、回復は一本調子とはいかず、下ブレする展開がありそうだと指摘した。そしてその転機は6月に訪れると述べた。(このインタビューは5月19日に収録されました。)  ビデオ 

写真
FIFAに学ぶトップ生存術

会長選に落選したとしても、ブラッター氏の粘り強さには特筆に値する。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
残る「リーマンの亡霊」

リーマンショックの傷跡は、いまだに至る所に残っている。  記事の全文 

 
写真
限界近づく中国株ブーム

中国株活況の主要エネルギーがそろそろ残り少なくなってきたようだ。  記事の全文 

 
南シナ海で米国の「危険な賭け」
 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ