その他
PR

東芝が福島原発汚染水処理で新設備、セシウム以外の放射性物質除去

2012年 07月 24日 21:41 JST
 
  • Mixiチェック

〔横浜 24日 ロイター〕 東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)は24日、東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)福島第1原子力発電所事故の汚染水から62種類の放射性物質を除去できるシステム「アルプス」の主要装置を報道陣に公開した。水処理を手がける米エナジー・ソリューション社の基本設計をもとに、東芝が福島原発での汚染水に対応したシステムを製造した。東電は9月中に現地で試運転を始める。

福島第1原発ではすでに東芝製の汚染水処理設備「サリー」が稼働しているが、除去できるのはセシウムだけで、その他の放射性物質の除去が課題となっていた。

「アルプス」はストロンチウム、コバルトなど62種類を樹脂や活性炭などを使って取り除く。ストロンチウムの濃度は約1000万分の1に低減でき、対象の全核種を海洋への放出限度以下に減らせるという。1日当たり最大500トン浄化できるため、敷地内に約20万トンある汚染水が約400日で処理できる計算となる。

 
写真

米雇用統計:識者はこうみる

7月米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が20万9000人増え、失業率は6.2%と、前月並みの予想に反して上昇した。
  記事の全文 | 関連記事 

注目の商品

ソニーの賭けは吉と出るか(字幕・31日)

ソニーの平井一夫CEOは、同社の再建を確固たるものにすべく、新たな経営戦略を打ち出すとともに、自身の右腕となる人物を抜てきした。しかし過去に築き上げたものを捨て去るのは早計だと指摘する声もある。  ビデオ 

外国為替フォーラム

写真

5月末に長崎県の五島列島を訪れた。豊穣な海に囲まれた島々は緑に輝き、素朴な町並みから少し外れた川沿いでは、夜になると蛍が乱舞する。  記事の全文