その他
PR

信越化学がナノキャリアの筆頭株主へ、医薬品開発で協力

2012年 10月 26日 18:02 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 26日 ロイター] 信越化学工業(4063.T: 株価, ニュース, レポート)は26日、ナノキャリア(4571.T: 株価, ニュース, レポート)が実施する第三者割当増資の引き受けなどで、同社の筆頭株主になると発表した。両社は、医薬品開発において協力する。

第三者割当増資による取得株式数は1万2000株で、調達資金は約6億8967万円。このほか、ウィズ・パートナーズが無限責任組合員として組成する2つの投資事業有限責任組合が保有する新株予約権の一部を行使して取得した株式1万2000株も信越化学が取得する。新株予約権の行使において3億6000万円の払い込みが予定されており、ナノキャリアの調達額は10億4900万円となる。

信越化学は併せて2万4000株の取得で、ナノキャリア株の9.22%を保有する筆頭株主となる。

第三者割当の払込期日は11月15日。ナノキャリアは、調達した資金をすべて研究開発費用に充当する。

第三者割当により発行される株式の募集規模は、現在の発行済株式総数に対して5.08%となる。

 
写真

広がる「人手不足ショック」

アベノミクス景気の副作用ともいえる労働力不足が、製造業、非製造業を問わず、企業活動に深刻な影響を広げている。
  記事の全文 | 関連記事 

注目の商品

BRICSが開発銀行設立(字幕・16日)

新興5カ国(BRICS)の首脳は、開発銀行と外貨準備基金を創設することで合意した。欧米主導で確立した国際金融システムに風穴を開けるのが狙いとみられている。  ビデオ 

外国為替フォーラム

写真
低価格ビジネスを直撃

人手不足のあおりを直接に受けている分野の一つが、コストを抑えた低価格戦略で成長してきた外食、小売りなどのビジネスだ。  記事の全文