その他
PR

信越化学がナノキャリアの筆頭株主へ、医薬品開発で協力

2012年 10月 26日 18:02 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 26日 ロイター] 信越化学工業(4063.T: 株価, ニュース, レポート)は26日、ナノキャリア(4571.T: 株価, ニュース, レポート)が実施する第三者割当増資の引き受けなどで、同社の筆頭株主になると発表した。両社は、医薬品開発において協力する。

第三者割当増資による取得株式数は1万2000株で、調達資金は約6億8967万円。このほか、ウィズ・パートナーズが無限責任組合員として組成する2つの投資事業有限責任組合が保有する新株予約権の一部を行使して取得した株式1万2000株も信越化学が取得する。新株予約権の行使において3億6000万円の払い込みが予定されており、ナノキャリアの調達額は10億4900万円となる。

信越化学は併せて2万4000株の取得で、ナノキャリア株の9.22%を保有する筆頭株主となる。

第三者割当の払込期日は11月15日。ナノキャリアは、調達した資金をすべて研究開発費用に充当する。

第三者割当により発行される株式の募集規模は、現在の発行済株式総数に対して5.08%となる。

 
写真

根強い腰折れ懸念

消費再増税の先送り論が、海外投資家の間で広がっている。「延期したら日本売り」の声は数カ月前に比べてかなり勢いを失っている。  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

減速傾向が一段と鮮明に(字幕・21日)

中国の第3・四半期の国内総生産(GDP)は市場予測は若干上回ったものの、伸び率が約6年ぶり低水準となった。それでもオーストラリアニュージーランド銀行(ANZ)の中国担当エコノミスト劉利剛氏は、中国政府が掲げる7.5%の年間成長目標は達成可能だと述べた。  ビデオ 

外国為替フォーラム

写真

市場が注目するGPIF改革が間近に迫っている。どの資産にどの程度の資金を振り分けるのか、その目安を示す基本ポートフォリオの見直しが近く発表される。  記事の全文