信越化学がナノキャリアの筆頭株主へ、医薬品開発で協力

2012年 10月 26日 18:02 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 26日 ロイター] 信越化学工業(4063.T: 株価, ニュース, レポート)は26日、ナノキャリア(4571.T: 株価, ニュース, レポート)が実施する第三者割当増資の引き受けなどで、同社の筆頭株主になると発表した。両社は、医薬品開発において協力する。

第三者割当増資による取得株式数は1万2000株で、調達資金は約6億8967万円。このほか、ウィズ・パートナーズが無限責任組合員として組成する2つの投資事業有限責任組合が保有する新株予約権の一部を行使して取得した株式1万2000株も信越化学が取得する。新株予約権の行使において3億6000万円の払い込みが予定されており、ナノキャリアの調達額は10億4900万円となる。

信越化学は併せて2万4000株の取得で、ナノキャリア株の9.22%を保有する筆頭株主となる。

第三者割当の払込期日は11月15日。ナノキャリアは、調達した資金をすべて研究開発費用に充当する。

第三者割当により発行される株式の募集規模は、現在の発行済株式総数に対して5.08%となる。


 
 

注目の商品

外国為替フォーラム

写真
ギリシャ以外にも円高材料

ドル円相場の円高方向へのオーバーシュートをもたらすリスクオフ要因は、ギリシャ問題に限らないとUBS証券の中窪文男氏は分析。  記事の全文 

 
写真
ギリシャ離脱か、今後の行方

ユーロに離脱規定がない以上、ギリシャが残留を希望すれば、デフォルト後も居座りは可能と第一生命経済研の田中理氏は指摘。  記事の全文 

 
サービス生産性革命の曙光=嶋津洋樹氏
 
脱デフレへ円安期待維持を=政井貴子氏
 
米利上げ前に円高到来か=亀岡裕次氏
 
ドル円続伸阻む日米事情=内田稔氏
ギリシャの改革実行に期待(字幕・2日)

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は1日、ロイターとの単独インタビューに応じ、ギリシャ政府が改革を実行することに期待感を示した。焦点の国民投票について、どのような結論になろうとも支援していく姿勢に変わりはないと述べた。  ビデオ 

写真
ギリシャ究極の選択

ギリシャ国民投票では「最悪」と「悲惨」のどちらを選ぶか迫られる。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
国民投票する「真の理由」

ユーロ離脱に近づくギリシャが国民投票する「本当の理由」とは。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
中国株は「口先」以上必要

中国株回復には単なる「リップサービス」以上のものが必要だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
中国「軍事力」が米国に遠く及ばない理由
 
内政挫折のオバマ氏が狙う外交「遺産」
 
動き出した「非製造業」の成長エンジン