その他
PR

イオンリート投資法人がIPO、1000億円に迫る大型上場に

2013年 10月 17日 16:11 JST
 
  • Mixiチェック

[東京 17日 ロイター] - イオンリート投資法人が11月22日、東証に新規上場(IPO)する。同リートが提出した有価証券届出書などによると、イオンリートは国内外の投資家に対して投資口を募集し、その規模は最大945億円になる見通し。調達した資金は、今後予定している資産取得や借入金の返済にあてる。

IPOにともないイオンリートは90万口の投資口数を発行する予定。国内外の比率は国内が84%、残りが海外。比率は需要次第で変わる可能性がある。

投資口の発行価格は11月11日に決定する。払込期日は同21日。ジョイント・グローバル・コーディネーターは野村証券とみずほ証券。

イオン(8267.T: 株価, ニュース, レポート)は2日、グループ内の資金調達手段を多様化するため、リートの立ち上げを準備していると発表。その準備のためイオンモール(8905.T: 株価, ニュース, レポート)などグループ会社がリートに組み入れる物件を譲渡していた。

(Reporting By Emi Emoto 江本恵美)

 
写真

「SMバー」への支出は事実

就任3日目の宮沢経産相は、SMバーに政治活動費を支出したとの一部報道について、支出は事実だが、自分は行っていないと述べた。  記事の全文 | 関連記事 

注目の商品

減速傾向が一段と鮮明に(字幕・21日)

中国の第3・四半期の国内総生産(GDP)は市場予測は若干上回ったものの、伸び率が約6年ぶり低水準となった。それでもオーストラリアニュージーランド銀行(ANZ)の中国担当エコノミスト劉利剛氏は、中国政府が掲げる7.5%の年間成長目標は達成可能だと述べた。  ビデオ 

外国為替フォーラム

写真

市場が注目するGPIF改革が間近に迫っている。どの資産にどの程度の資金を振り分けるのか、その目安を示す基本ポートフォリオの見直しが近く発表される。  記事の全文