Reuters logo
アングル:投機筋が円買い越しに転換、緩和「催促相場」開始か
2016年1月12日 / 06:57 / 2年前

アングル:投機筋が円買い越しに転換、緩和「催促相場」開始か

 1月12日、外為市場で投機筋のポジションが2012年10月以来の円買い越しとなった。いわゆるアベノミクス相場では初だ。ワルシャワで2011年1月撮影(2016年 ロイター/Kacper Pempel)

[東京 12日 ロイター] - 外為市場で投機筋のポジションが2012年10月以来の円買い越しとなった。いわゆるアベノミクス相場では初だ。

中国問題や原油安を背景としたリスク回避の円買いが中心とみられており、中期的な円安トレンドが終えんしたかには見方が分かれているものの、円高進行のスピードは速く、市場では日銀追加緩和の「催促相場」が始まるとの見方も出ている。

<増加した円ロング>

米商品先物取引委員会(CFTC)が毎週公表しているIMM通貨先物の非商業部門の取組。その増減は必ずしも相場の方向性と一致しないことも多いが、CTA(商品投資顧問業者)など投機筋のポジションを示すとして市場の注目度は高い。

8日発表された1月5日までのポジション状況では、円は対ドルで4103枚の買い越しとなり、2012年10月以来初めて、円ショートポジションを円ロングポジションが上回った。

注目されるポイントは円ロングが増えたことだ。実は前週、円ショートはその前の週の6万2234枚から6万3368枚と若干増えたのだが、円ロングが4万5008枚から6万7471枚と約2.2万枚増加したため、トータルでは1万7226枚の円売り越しから円買い越しに一気に逆転した。

2012年11月から始まった「アベノミクス相場」で、IMMの投機筋の円ロングポジションは2万枚から5万枚を中心レンジとしてそれほど大きく動いてこなかった。大きく変動してきたのは円ショートポジションで、5万枚から15万枚と変動する中でドル/円相場の需給に影響を与えてきた。

今回の円ロングポジションの増加は何を意味するのか──。

<リスク回避の円買い>

ドル/円は、チャート上でサポートとみられていた117円半ばを割り込んできた。円ロングの増加をみて、市場では「円売り・株買いのアベノミクス相場がいったん終息したとの見方が出てもおかしくはない」(国内金融機関)との声も出始めている。

ただ、金融引き締めの米連邦準備理事会(FRB)と、金融緩和の日銀という日米金融政策の方向性自体は変わっていない。12月米雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を上回るなど米経済は依然堅調だ。地政学リスクなどを除けば、ファンダメンタルズ上で円高を強く後押しする材料が増えているわけではない。

現時点では、円ロング増加の背景はリスク回避による円買いとの見方がもっぱらだ。年初から中国株安、原油安、中東不安、北朝鮮の核実験とリスクオフ材料が立て続けに出たことから、「安全資産」である円の需要が高まった可能性があるという。

足下の円ロングポジションの大きさは昨年9月1日に終わる週の6万8023枚以来の水準だが、当時も「中国ショック」でリスク回避の動きが強まっていた。

円の買い越しについて三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジストは「円が買われ過ぎていることのサイン」であり、長期で定着する動きではないとの見方を示している。

<115円が節目>

しかし、昨年末に120円台だったドル/円は1週間で3円近く下落した。ドル/円は11日の市場で一時116.70円まで下落。その後、買い戻しも入ったが、118円台を維持できず上値の重い展開が続いている。

12月の日銀短観によると、2015年度の企業のドル/円想定為替レートは、大企業・製造業1091社の平均で119.40円、下期だけみれば118.00円だ。このまま円高が定着すれば、企業業績にも影響を与えかねない。

このため、市場では日銀の追加緩和に対する思惑がじわりと高まってきている。「110円まで下がってしまうと春闘で企業の賃上げを望んでいる首相官邸としてはウェルカムではない」(金融機関)との見立てだ。

足下では、日銀緩和期待は、ドル/円の下落を止めるには至っていないが、115円付近まで下落すれば、追加緩和期待が下支えする可能性があるという。チャート上でも、2014年12月中旬の115.56円、15年安値115.85円が意識されており、115円が節目とみる向きが多い。

米国で追加の利上げがあるとしても3月15─16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)とみられている。日米金融政策の方向性の違いを意識させるにはスケジュール的にやや遠い。市場では「リスク回避が続きそうだ。いったん115円を見に行く相場になる」(信託銀行)として、催促相場が始まるとの見方も出始めている。

杉山健太郎 編集:伊賀大記

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below