Reuters logo
チリのエスコンディーダ銅山スト、政府の仲介交渉が決裂
2017年2月21日 / 00:28 / 7ヶ月前

チリのエスコンディーダ銅山スト、政府の仲介交渉が決裂

 2月20日、世界最大の銅鉱山、チリのエスコンディーダ鉱山でストライキが続いている問題で、政府の仲介した労使交渉が決裂した。写真はアントファガスタで10日撮影(2017年 ロイター/Juan Ricardo)

[サンティアゴ 20日 ロイター] - 世界最大の銅鉱山、チリのエスコンディーダ鉱山でストライキが続いている問題で、政府の仲介した労使交渉が決裂した。労組側が20日、明らかにした。協議再開のメドは立っていない。

労組のスポークスマンは「会社側は強硬な姿勢を崩しておらず、もう話し合うことはない」と述べた。

鉱山を所有するBHPビリトン(BHP.AX)(BLT.L)のコメントはとれていない。

ストは12日目に入っており、供給不足に対する懸念から、銅価格CMCU3は20カ月ぶりの高値をつけている。

エスコンディーダ鉱山は、BHPが過半数の権益を所有。リオ・ティント(RIO.AX)(RIO.L)や、三菱商事(8058.T)などの日本企業も少数権益を保有している。

エスコンディーダ鉱山は昨年、世界の生産量の約5%に相当する銅を生産した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below