Reuters logo
中国、首相の豪州訪問で「一帯一路」協議へ 覚書締結は見込み薄
2017年3月21日 / 07:10 / 6ヶ月前

中国、首相の豪州訪問で「一帯一路」協議へ 覚書締結は見込み薄

 3月21日、中国は、政府が掲げるシルクロード経済圏構想「一帯一路」について、今週予定される李克強首相の豪州訪問の際に、同国の参加に向けた前向きな動きを期待しているが、関係筋によると、オーストラリアは様子見姿勢を維持し、時間を稼ぐとみられている。写真は北京で15日撮影(2017年 ロイター/Damir Sagolj)

[北京 21日 ロイター] - 中国は、政府が掲げるシルクロード経済圏構想「一帯一路」について、今週予定される李克強首相の豪州訪問の際に、同国の参加に向けた前向きな動きを期待しているが、関係筋によると、オーストラリアは様子見姿勢を維持し、時間を稼ぐとみられている。

中国の鄭沢光外務次官は21日、記者団に対し、李首相の豪州訪問では「一帯一路」が議題になるとし、同構想について中国とオーストラリアの間には「多くの機会や協力の余地がある」と指摘。「協議がプラスの結果をもたらすと信じている」と述べた。ただ詳細には言及しなかった。

習近平国家主席は2014年にオーストラリアを訪問した際、同国北部を「一帯一路」の投資先に含める可能性に言及。覚書締結に向けた協議が昨年10月に始まった。

しかし、関係筋の1人はロイターに対し、「この1─2日間に得た情報によると、期待されているような覚書への署名はないだろう」と語った。

その上で、今年は両国が国交樹立45周年を迎えることや、5月に北京で開催される「一帯一路」の国際首脳会議に言及し、将来的には確実に機会があると指摘した。

また、別の関係筋はオーストラリアが他の西側諸国の反応を見極めるために「様子見」姿勢を取るとの見方を示した。

オーストラリア政府からのコメントは得られていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below