Reuters logo
中国人民銀、近く預金金利自由化の可能性高い=調査統計局長
2015年6月4日 / 03:49 / 2年前

中国人民銀、近く預金金利自由化の可能性高い=調査統計局長

[北京 4日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の盛松成・調査統計局長は、人民銀行が近く、銀行の預金金利の上限を撤廃する可能性が高いとの見解を示した。

第一財経日報が4日伝えた。

一部のアナリストは、人民銀行が次に利下げする際に預金金利を自由化するとみている。

預金金利の上限撤廃は、金利自由化に向けた重要な改革となる。

第一財経日報によると、盛局長は「預金金利上限の撤廃は遠くないと考える」と発言。預金金利の上限を再度引き上げるのは無意味で、「適切な時期に」これを撤廃すべき、と述べた。

人民銀行は5月に貸し出しおよび預金の基準金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げた際、預金金利の変動上限を基準金利の1.5倍に引き上げた。人民銀行は昨年11月以降、3回利下げを行っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below