Reuters logo
中国副首相「主要国は平和への取り組みを」、アジア会議で訴え
2017年3月26日 / 23:34 / 6ヶ月前

中国副首相「主要国は平和への取り組みを」、アジア会議で訴え

[博鰲(中国) 25日 ロイター] - 中国の張高麗副首相は25日、世界の主要国には世界平和を維持する責任があるとし、あらゆる国が安定的で平和的な発展への取り組みを継続すべきだと述べた。

張副首相は海南省で開催された博鰲アジアフォーラムで、「大国は世界的な平和を維持する責任があり、戦略的対話を通じ相互信頼を促進し、互いの革新的な利益と主要課題を尊重すべきだ」と述べた。

アジアを巡る情勢では、北朝鮮が新たな核実験を準備していると報じられているほか、米国の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に中国が反発を強めている。

張氏は「すべての当事国が問題を平和的に解決する対話に取り組むべきだ」と述べた。

このほか、通商面での開放戦略を続けるとし、「中国の世界への扉は開放されており、さらに開放される」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below