Reuters logo
WRAPUP 1-中国の1月コモディティー輸入は過去最高、先行きは不透明
2014年2月12日 / 07:17 / 4年前

WRAPUP 1-中国の1月コモディティー輸入は過去最高、先行きは不透明

[北京 12日 ロイター] - 中国税関総署が12日発表したデータによると、1月の原油、鉄鉱石および銅の輸入はそれぞれ過去最高を記録した。ただ、春節(旧正月)連休前の在庫補充で押し上げられたため、潜在需要の強さを反映したものとはみられていない。

鉄鉱石輸入は前月比で18%以上増加し、過去最高の8684万トンとなった。前年同月比では33%増。これまでの過去最高だった11月の実績を11.6%上回った。

鉄鉱石価格は1月、中国鉄鋼部門の需要について不透明感が高まっていたため、6カ月ぶり安値に下落していた。このため、アナリストは鉄鉱石輸入が前月比で減少すると見込んでいた。

中国の鉄鋼部門は、需要低迷や政府の環境対策などを受け厳しい局面が続いており、輸入の大幅増は潜在需要を反映したものとはみられていない。

1月の銅輸入(陽極銅、精製銅、銅合金、半銅製品含む)は前年同月比で50%以上増加し、過去最高の53万6000トンとなった。昨年終盤に国内の信用状況が逼迫(ひっぱく)したため、業者が資金源となる銅の輸入を引き上げたとみられる。旧正月前の在庫補充も押し上げ要因だ。

前月比は21%増だった。

バークレイズ(シンガポール)のアナリスト、Sijin Cheng氏は「季節性や休暇前の在庫補充を考慮しても、驚くほど堅調な数字となった」と指摘。

「資金調達需要が非常に強かった」とし、国内の信用状況の逼迫感が輸入需要を押し上げたと分析した。

1月の原油輸入は過去最高の2816万トン(日量663万バレル)となり、前年同月比11.9%増加した。石油精製品の輸入は3.8%減少し、376万トンだった。

石炭輸入(亜炭を含む)は同17.5%増の3591万トン。前月比では26.3%増加した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below